Welcome to our website !

Gypsea essence

オーガニックなライフスタイルを提案 色々な視点から よりよく生きていくための情報

キュアリングオイル

By 10月 04, 2019 , , ,





アーユルヴェーダで使われる基本のオイル”セサミオイル”のキュアリング方法

 
アーユルヴェーダにおける日々の習慣 ”ディナチャリア” (日々の習慣)でも使用するオイル
毎朝のオイルうがいやマッサージで使っていきます
セサミオイルはすべてのドーシャに使えます


まずは色のついていない白いごま油 ”太白ごま油”を用意します



(近くのスーパーやネットなどですぐに手に入ります)

作り方は”太白ゴマ油”をお鍋で温めて保存するだけ

この工程を”キュアリング”といいます

一旦、オイルを温めることで不純物が取り除かれ、ごま油が本来持ってる熱の質が高まり
皮膚への吸収率も高まって浸透しやすくなると言われています
インドのごま油に比べると日本のオイルはすでに濾過し加工されているので
日本のオイルはサラサラしていると言われていますがよく浸透させるためにキュアリングをするのが一般的です






作り方

  1. 白ごま油を鍋に入れ、弱火で温める
  2. 白ごま油が80-90度になったら火からおろし自然に冷まします。
  3. 120℃まで上がらないように気をつける
  4. 保存瓶に移し、しっかり蓋をして完成。

*作る際、油はすぐに温まるので温度が上がりすぎないように注意しましょう。
*温度計などを使用して75〜80度くらいになったら火から下ろし様子を見ます。 火を止めても10度〜温度は上がり続けます。






使い方は、、、

私はそのオイルにラベンダーなどのアロマオイルを数滴垂らして 
足や耳周りをマッサージしています。
また、お風呂に入る入る前に頭のてっぺんからつま先までオイルマッサージをするのもオススメです。
秋冬のヴァータが高まり乾燥する私の肌には 
乳液がわりにフローラルウォーターとアロマを垂らしたこのセサミオイルでケアしています。
アーユルヴェーダは人や季節によりに体質が変わり色々合う合わないがあるので
顔に塗っても吸い込まない人もいたりします。
ですが日々の習慣 ”ディナチャリア”では
毎朝のオイルうがいやマッサージはこのオイルオススメです





















You Might Also Like

0 コメント